健康

法令線ができる原因は何?法令線対策で見た目年齢が若返る方法

投稿日:2017-08-18 更新日:

年齢を重ねると気になるお肌の悩みは
法令線や口元にできるたてじわです。

このたてじわは見た目年齢をグッと引き上げる
大敵ですよね。

マスクをしていれば実年齢より
5歳若く見えるけど…

マスクを取ったら実年齢より上に見られるという
シャレにならないことも…

気になりだした頃には
くっきり深く線が刻み込まれてた!

今からケアしても遅いかな…

なにをすれば法令線がが薄くなるかな…
これ以上深くならない予防方法など

気になる法令線の原因とケア方法を
まとめてみました。

スポンサーリンク

法令線は皮膚のたるみが原因?

鼻から口元にかけて伸びてできるのが
いわゆる法令線です。

目元やひたいにできる表情を変えると
できるシワと違い
普通の表情をしていてもクッキリできている
ことが多いです。

これはシワというより皮膚のたるみが原因
となってできるからです。

頬の脂肪は顔の中でも一番厚い部分です。
この脂肪を繊維組織が支えています。

この線維がゆるんでくると脂肪が下がって法令線に
なっていきます。

法令線が左右どちらかに片方だけ目立ってくる場合は
表情の癖や噛み癖が原因の場合があります。

口の中の環境にも変化があった場合も
シワができやすくなります。

例えば年齢とともに歯並びが変わったり
はぐきがやせたりするとシワができやすくなります。

法令線が深くならない予防法ってある?

たるみが一番の原因である法令線ですが
無理に引き上げようと
強く引っ張っるようなマッサージや
表情筋エクササイズなどは逆効果になるので
控えた方がよいです。

リンパの流れや筋肉の位置などを意識せず
間違った方法を一生懸命やった結果
別の場所に
シワができたり、たるみを引き起こしたりなど
トラブルの原因になってしまいます。

まずは口回りの口輪筋を鍛えるとよいです。

口輪筋のトレーニング方法

①500mlのペットボトルに少量のお水を入れます。

②唇でくわえ持ち上げます。

③そのまま10秒間をキープします。

④この動作を3セット行います。

慣れてきたらお水の量を増やしていきます。
顎が痛かったりするときは
無理をしないようにしてくださいね!

続けると法令線だけではなくフェイスラインも
スッキリしてきます。

顔の筋肉も鍛えればついてきます。
たるみだけでなく皮膚にもうれしい効果が
でてきますので毎日続けるといいですね。

スポンサーリンク

法令線に効果のあるスキンケア方法とは?

たるみ毛穴とくっついて法令線になっている場合
コラーゲンやエラスチンなどの
真皮の線維の強化をしていくとよいです。

コラーゲンとエラスチンを強化するには

レチノール入りの美容液がおすすめです。

レチノールはビタミンAの1種です。
コラーゲンを増やす作用があります。

その他には美容皮膚科で入手できる
レチノイン酸が効果が高いといえます。

ビタミンC誘導体も効果があります。
よくエステでもシワたるみケアで
イオン導入のメニューが
はいっていますよね。

リン酸型(リン酸アスコルビル)と呼ばれる
ビタミンC誘導体がシワや毛穴に有効だからです。

ご家庭で簡単にイオン導入ができる
ものがありますので試してみるのもいいと思います。


まとめ

年齢を重ねると気になるのが口元の
法令線と縦のシワですよね。

お顔の筋肉を鍛えたり
真皮のコラーゲンやエラスチンを増やすことにより
今ある深さより薄くなってきます。

あきらめずに
日々のケアに取り入れてみてくださいね。
見た目年齢に差がつくこと間違いなしです。

スポンサーリンク

-健康
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

寝つきが悪くて起きれない!眠りの質を高めて頭をすっきりする方法とは?

「最近なんだか寝つきが悪い」「眠りが浅い気がする」 など朝なんとなくスッキリしなくて 1日中だるいなんてことがありませんか。 仕事や家事もなんとなく億劫になります。 サクサク動きたいけど あくびばかり …

肌荒れの原因はもしかしていつものスキンケアが原因かも?正しい方法で解決したい!

メイクを落とす目的のものがクレンジングですが スキンケアの中では最も肌に負担が かかるものといえます。 何気なく毎日使用するクレンジング ですが肌の荒れないクレンジング方法と クレンジングの選びかたに …

これってもしかしてワキガ?ワキガは体質が関係するって本当?対策と治療法ってある?

もしかしたらワキガなのかな…っていう自分の 汗の臭いが気になることがあります。 ワキガの体質と対処方法と治療法について まとめてみました。 スポンサーリンク

乳がん検診の方法と値段はいくら?早期発見のセルフチェック方法とは?

乳がんは女性の11人に1人がなるといわれている 女性にできるがんの中で一番多いです。 早期発見がしやすいのも特徴の一つです。 乳がん検診を定期的に受けていると 早期発見が早いので多くの人が治療によって …

インフルエンザと風邪の症状の違いは?インフルエンザは人にどのように感染する?

冬になると必ずと言っていいほどインフルエンザが流行ります。 少し熱っぽいけど風邪なのかインフルエンザなのか 分からない時があります。 病院に行っても感染から間もない場合はすぐに検査を しても正しい結果 …