健康

肌荒れの原因はもしかしていつものスキンケアが原因かも?正しい方法で解決したい!

投稿日:2017-08-19 更新日:

メイクを落とす目的のものがクレンジングですが
スキンケアの中では最も肌に負担が
かかるものといえます。

何気なく毎日使用するクレンジング
ですが肌の荒れないクレンジング方法と
クレンジングの選びかたについて
まとめてみました。

スポンサーリンク

クレンジングをやりすぎると肌荒れになる?

最近のコスメは落ちにくくなっていて
凄く進化していますよね。

それはそれですごく日々の生活で
ありがたいのですが
普通に洗っただけでは落ちません。

メイクを浮かして落とすためクレンジングには
色々な洗浄成分が入っています。

洗浄力が強力なので肌のうるおいまで
奪ってしまうことになりかねません。

メイクをせずに済むならクレンジングは
しなくてもよいですが
紫外線や外的刺激から肌を
守るため日焼け止めとパウダーは
最低限必要です。

そうするとやはりクレンジングで落とさなければ
日焼け止めは落ちません。

クレンジングでやさしくメイクを浮かすように
落とすことを心がけてくださいね。

ゴシゴシこすって落とすと肌荒れの原因になります。

クレンジングの選び方のポイント

クレンジングの基本成分は
油分と界面活性剤です。

この油分と界面活性剤のバランスで
クレンジングを選ぶとよいでしょう。

油分が少ないとメイクを浮かせることができませんし
メイクの落ちが悪くなります。

更に洗浄力の強化のために界面活性剤を多めに
入れていることがあります。

ポイントとしてはメイクの油分と
同じものを選ぶといいです。

売られているクレンジングの種類として
油分の多い方から
オイルクレンジング→クリームクレンジング
→白い色のジェル→ミルククレンジング→
透明ジェルの順になります。

オイルは多すぎてミルクと透明のジェルは油分が
少ないものが多いです。

ほどよい洗浄成分のものはクリームクレンジング
又は白い乳化されたジェルが
お肌に最も負担なくメイクを落とせるといえます。

肌になじませてメイクを浮かすのが肌に負担
がないためある程度の固さがあるほうがよいです。

スポンサーリンク

クレンジングの正しい方法

クレンジングを落とすときに最も気を付けることは
汚れはしっかり落とすけど
肌への負担は最小限にとどめるということでは
ないでしょうか。

クレンジングが肌にのせている時間が長ければ長いほど
どんどん肌のうるおいがとけだして奪われてしまいます。

手早くしっかりすることがポイントになりますね。

まずクレンジングする前にポイントメイクを落としましょう。
ポイントメイク用のリムーバーは刺激が強いので
薬局で売っているオリブ油がおすすめです。

コットンにたっぷりオリブ油を含ませて
1分目元口元にのせます。
こすらないように軽くすべらせて落とします。

ポイントメイクを落としたらクレンジングをします。

まずTゾーンの額と鼻にクレンジングをのせてなじませます。
次にUゾーンの頬やあごになじませます。
最後に目元口元小鼻などの細かい部分になじませ
顔全体に広げていきます。

洗い流すときはこすらずに
ぬるま湯で数回に分けて洗い流しましょう。


まとめ

クレンジングは肌の負担が多い成分が
たくさん入っていますが
肌をきれいに保つためにはやはり
汚れを落とすのに必要不可欠です。

ご自分の肌の様子を見て
しっかり落ちるけど
肌に合っているものを
みつけてこすらずあらって下さいね。

正しいクレンジング方法を心がけてくださいね。

スポンサーリンク

-健康
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

首こりや肩こりをおこす原因は何?コリを放っておいたら手足に痺れが出る?

首と肩がセットでこりを引き起こす人が多いと思います。 それは首と肩が同じ筋肉で繋がっているためです。 こりを放置しておくと様々な悪影響が身体の症状に 出てきます。首や肩のこりをおこす原因を知り 日常で …

なかなか痩せにくい二の腕が細くなる効果的なダイエット方法は?

二の腕の太さを気にされる女性はたくさんいますが、中でも急に体重が増えて今まで着ていた洋服が入らなくなって困っている方も多いです。 お腹や足はなんとかゴムの洋服やワンピースでカバーしたりできますが 二の …

足のにおいが気になる時ににおいを抑える方法と下駄箱と靴のにおい予防

流行の靴や綺麗なハイヒールを履いて イッケン足元美人でも靴を脱いだ時に 足の嫌な匂いがしたら一気に イメージが台無しです。 足のにおいがこもるブーツを 履くときは特に気を付けたいですね。 足のにおいの …

アレルギー肌で悩んだ時にこそスキンケアを頑張りすぎない正しい方法

アレルギー肌の人と言っても季節によって痒みがでたりでなかったりということがあると思います。 冬や春はあんなに痒かったのにあれ?痒みがおさまってる…ってことはよくあります。 そんな季節によって不安定なア …

ブーツを履く女子に水虫が急増?水虫になっていても気づかない症状と予防方法とは?

女性の冬のオシャレに欠かせないブーツは必需品ですよね。 寒さ対策にもばっちりで大人から子供まで人気です。 そんなブーツが水虫の原因になるって… 冬は乾燥してるからブーツの中の状態も 大丈夫…ってことで …