健康

子供の花粉症症状を和らげる!つらい症状のときにすぐにできる正しい応急処置とは?

投稿日:2017-09-17 更新日:

近年のスギ花粉の飛散量の増大は植林事業が昭和20年ごろから
盛んに行われてきました。
スギ花粉は樹齢30年頃から大量の花粉をつけその状態が
何十年も続くといわれています。
これからも増え続ける花粉症ですが子供が花粉症になったときに
症状を和らげる方法をまとめてみました。


スポンサーリンク

花粉症を和らげるには適度なうるおいが必要!

花粉症の症状を強めるのは要因として乾燥が引き起こします。
外気の湿度は冬には低くなり夏には高くなります。
室内も同様に冬は湿度が低くなり部屋が乾燥気味です。
乾燥対策として部屋には加湿器などを置いている人も
多いのではないでしょうか?
室内の温度は50%程度を保つことが快適とされています。
湿度が上がりすぎるとダニの増加などが心配なので
かけすぎには注意ですね!

外出先や戸外などでは湿度の調整ができません。
そんな時は生理的食塩水をスプレー容器に詰めて
お子様に持たせてあげるといいですね!

鼻の中にひと吹きすると症状が和らぎます。
家で簡単に作ることができますよ!

生理的食塩水の作り方
食塩0.9%:水100ml

鼻に直接水分を与えることにより鼻が吸い込む空気に
うるおいが与えることができます。

また市販のドライノーズスプレーなどがあればこちらを利用してくださいね!

子供のつらい花粉症の症状を正しく応急処置をする方法

薬などを飲ませていても症状が防げないこともよくあります。
症状に合わせて正しく対処をしていく必要があります。
まずは子供自身にどうすればよいのかを教えていきます。

鼻水の場合
年齢が低い子供は上手に鼻をかむことができないです。
すすったり逆に強く両方の鼻をおもいっきりかみ過ぎたりしてしまいます。
副鼻腔炎を起こす可能性もあるので気を付けてあげましょう。
鼻をかむときは片方の鼻ずつ適度な強さでする練習をするといいですね!
鼻づまり

濡れたタオルをレンジで温めたホットタオルの蒸気を吸わせるといいです。
ミントなどの清涼感のあるアロマを1滴たらしてあげるとより効果的です!
市販で鼻腔拡張テープもありますが子供の肌は弱いためかぶれてしまうことがあるので
なるべく使用は避けた方がよいです。

目の痒み
冷たいタオルで目を全体に覆ってあげるといいですよ!
痒みは冷やしてあげると楽になるので氷水で濡らしたり
冷蔵庫にあらかじめ作ったタオルを冷やしておくといいです。
ワセリンの活用
ワセリンは保湿剤として使用できます。
鼻のかみ過ぎや皮膚のかゆみなどで赤くなっている部分に薄く塗ってあげると
効果的です。
鼻の周りや鼻の入り口や目の周りに塗っておけば
ワセリンに花粉が付着し粘膜への侵入を防ぐことができます!
スポンサーリンク

誤った対応をすると症状をこじらせる原因になることも!

症状を悪化させる原因として症状そのものにきちんと対応ができていない場合
が多くあるようです。
小さな子供は大人が教えてあげなければどうしていいのかが分かりませんよね。
こじらせてしまう対処として
鼻うがいや目の洗浄などがあります。

鼻うがい
鼻に少しだけ水を入れてそのまま出す方法や片方の鼻に水を
流し込みのどを通してもう片方の穴から水を出すという方法。
ちいさな子供には難しいため水が耳に流れ込んだりして
耳を傷める危険性があるのでやめたほうがよいです。

目の洗浄
カップ式の眼洗浄はコマーシャルでもお馴染みです。
大人には簡単な眼洗浄ですが子供には難しいです。
眼の周りの汚れや花粉が逆に目の中に入り込むこともあります。
それによって眼球に傷がつくことがあります。
もしもするならば顔をきちんと洗って汚れが顔についていない
状態でやるようにするといいですよ!

まとめ

近年子供の花粉症が増えていて色々と市販でも
商品が並んでいます。
お家に市販品などが何もない時にお子さんのつらい症状に合わせて
正しい対処をする方法をまとめてみました。
お役に立てればうれしいです。

スポンサーリンク

-健康
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

足のにおいが気になる時ににおいを抑える方法と下駄箱と靴のにおい予防

流行の靴や綺麗なハイヒールを履いて イッケン足元美人でも靴を脱いだ時に 足の嫌な匂いがしたら一気に イメージが台無しです。 足のにおいがこもるブーツを 履くときは特に気を付けたいですね。 足のにおいの …

寝つきが悪くて起きれない!眠りの質を高めて頭をすっきりする方法とは?

「最近なんだか寝つきが悪い」「眠りが浅い気がする」 など朝なんとなくスッキリしなくて 1日中だるいなんてことがありませんか。 仕事や家事もなんとなく億劫になります。 サクサク動きたいけど あくびばかり …

ノロウイルスはなぜ冬に感染が多くなるの?子供に気を付けさせる予防法ってある?

ノロウイルスは1年を通して食中毒などが 原因で起こります。 特に冬場には多くの人が感染します。 ノロウィルスの原因と潜伏期間など 小さなお子様を持つママが気になることをまとめてみました。 スポンサーリ …

太もものセルライトを予防して美脚になる温冷浴法とマッサージとは?

一度できてしまうと中々とりずらいセルライトは 症状が進むと表面が凸凹になることから オレンジピールスキンなんていう 呼ばれ方をしたりします。 なんだか可愛らしい呼び名ですが 呼び名とは違って見た目は …

ブーツを履く女子に水虫が急増?水虫になっていても気づかない症状と予防方法とは?

女性の冬のオシャレに欠かせないブーツは必需品ですよね。 寒さ対策にもばっちりで大人から子供まで人気です。 そんなブーツが水虫の原因になるって… 冬は乾燥してるからブーツの中の状態も 大丈夫…ってことで …