健康

外反母趾の原因と足が痛い時のテーピング方法とは?

投稿日:2017-06-24 更新日:

外反母趾で悩まれている若い女性の方が年々増加しています。
オフィスで長時間靴を履いていたりファッションでハイヒールをはいたりなど日常的に原因が隠れています。
スニーカーを履いていてもなぜか足に違和感がある方もいると思います。
痛いけど病院に行く前になんとかできる方法はないかなと思い
外反母趾の原因と自分でできる対処方法について調べてみました。

スポンサーリンク

外反母趾の原因は?

ズバリ原因として合わない靴を長時間履き続けることにより
足の指に圧がかかり外反母趾になります。

先の尖ったつま先の狭いヒールはもちろんのこと
前滑りがしやすい大きな靴は指に力が入り変形しやすい状態になります。

ならばと気を付けてクッションの柔らかい靴を選ぶと横アーチが伸びてしまいます。
これはヒールに関わらずサイズの合わないスニーカー・前滑りのしやすいナースシューズや
スリッパなど長時間履いていると同じように変形しやすくなります。

歩き方が原因の場合もありますが靴が外的要因になって
歩き方がおかしくなっている場合が多いようです。

中足趾節関節(外反母趾になった時にボコッと外側に出ている骨)の靭帯が伸びて
筋力が弱って横アーチが下垂した状態になっていきます。

それに伴い中足骨間が広がり足幅が広がっていき
足裏に胼胝(タコ)や魚の目など別のトラブルがおきやすい状態になります。

なるべく自分に合った靴を履くように心がけるとよいでしょう。

足の指先が自由にある程度動いて締め付けがなく前滑りのない靴を選んで下さい。
同じサイズでも必ず試し履きをして購入することをお勧めします。

目立たず外反母趾対策「外反テーピングシール」

外反母趾が痛い時の対処法

痛くてかばって歩いた足は関節が固くなっています。

使わないでよい筋肉をつかい関節に負担がかかってしまい
母指と第2指が重なった状態になったりしてしまいます。

このような状態の時は足の関節ストレッチをすると
痛みが軽減して関節が正常な位置に戻ります。
これは初期症状の方は有効ですがかなり進行された症状の方は痛みを和らげるという方法として
ストレッチをされるとよいです。

関節ストレッチの方法は
・まず足首を右回り左回りゆっくり回します。

・かかとを左手で支えて右手で真ん中の所から折りたたむように伸ばします。

・母指と小趾の中足趾節関節を片手ではさみ回しながらほぐします。

・右手をグーにして足裏を指方向からかかとへしっかりほぐします。

・指の関節を1本1本しっかりほぐしていきます。

・最後に足首回しを左右してキュッとけん引して終わりです。

これはあくまでおうちでの簡単なストレッチ法ですが専門店等でお時間があればしっかりほぐしてもらうと相乗効果があります。


スポンサーリンク

外反母趾の簡単テーピング方法

伸びてしまった横アーチを正常な位置に関節を整える目的のテーピングですが
テーピングは正しい関節部分に貼っていくことにより効果的といえます。

逆に巻いただけの状態では効果がないどころか症状が悪化してしまうので気をつけましょう。

貼る時のポイントは引っ張り過ぎないことです。
軽く固定するくらいで大丈夫です。
お家でできる簡単なテーピング方法です。

・まず足の中足骨幅のテーピングを用意します。(母指~小趾の幅)
・中足骨あたりの足裏中央(中指のあたり)に軽く固定します。
・小趾中足骨に貼ります。
・母指中足骨に貼ります。

貼り終わったら母指と小趾が開いているかを確認します。
隣の指に重なっていたらすこしずらして貼りなおしてください。

関節が正常な位置に固定されている状態にすることにより
足の痛みが緩和されて伸びた横アーチも改善していきます。

このテーピング方法ですと表面的にわかりずらいのでヒールや靴を履いていても目立ちません。

テーピングは市販で売っているもので十分ですが
かぶれやすい方や肌の弱い方汗のかきやすい方は
薬局などでご相談して購入されるとよいでしょう。

また貼り替えの目安は肌の負担を考えて2~3日位で大丈夫ですが
取れるまで貼っておいて問題がなければそのままでも大丈夫です。

まとめ

外反母趾になったら自分なりの原因をみつけて
早めの対処をするとよいです。
靴選びと関節ストレッチとテーピングの相乗効果で
ある程度外反母趾はお家でケアができます。
あまりに痛くなったり明らかに歩きづらい等の場合は
専門家に行く方がよろしいですが
日々ご自身が気を付けることにより痛みが緩和できるので是非お試しください。

スポンサーリンク

-健康
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

アレルギー肌で悩んだ時にこそスキンケアを頑張りすぎない正しい方法

アレルギー肌の人と言っても季節によって痒みがでたりでなかったりということがあると思います。 冬や春はあんなに痒かったのにあれ?痒みがおさまってる…ってことはよくあります。 そんな季節によって不安定なア …

インフルエンザと風邪の症状の違いは?インフルエンザは人にどのように感染する?

冬になると必ずと言っていいほどインフルエンザが流行ります。 少し熱っぽいけど風邪なのかインフルエンザなのか 分からない時があります。 病院に行っても感染から間もない場合はすぐに検査を しても正しい結果 …

足の角質ケアできれいなつるつる足になる方法とは?

サンダルやストッキングを履いたりと 何かとかかとのガサガサが気になるシーンがあります。 意外にかかとや足の裏の荒れが お座敷に上がると目立ってしまいます。 乾燥の時期になると更にガサガサになり ストッ …

足のにおいが気になる時ににおいを抑える方法と下駄箱と靴のにおい予防

流行の靴や綺麗なハイヒールを履いて イッケン足元美人でも靴を脱いだ時に 足の嫌な匂いがしたら一気に イメージが台無しです。 足のにおいがこもるブーツを 履くときは特に気を付けたいですね。 足のにおいの …

子供の花粉症症状を和らげる!つらい症状のときにすぐにできる正しい応急処置とは?

近年のスギ花粉の飛散量の増大は植林事業が昭和20年ごろから 盛んに行われてきました。 スギ花粉は樹齢30年頃から大量の花粉をつけその状態が 何十年も続くといわれています。 これからも増え続ける花粉症で …