健康

アレルギー肌で悩んだ時にこそスキンケアを頑張りすぎない正しい方法

投稿日:2017-07-21 更新日:

アレルギー肌の人と言っても季節によって痒みがでたりでなかったりということがあると思います。
冬や春はあんなに痒かったのにあれ?痒みがおさまってる…ってことはよくあります。
そんな季節によって不安定なアレルギー肌の人はスキンケアを一年中同じにしといては痒みが治まるのが遅くなります。
痒みが出た時の原因とスキンケア方法をご説明いたします。

スポンサーリンク

アレルギー肌の痒みの訳

どうしてアレルギー反応が起きるのでしょうか。

それは健康な肌の場合は角質層の細胞内にある水分保持力を持った
天然保湿因子のNMFが豊富に含まれています。

そしてそれを細胞間のセラミドがしっかりとつなぎとめる役割をはたしています。
肌表面は皮脂によってはりやつやを守ってくれています。

しかしアレルギー肌は過度の乾燥やNMFやセラミドの減少により皮脂が不足状態になり
角質層が乱れほこりや細菌などの異物が侵入しやすい状態になり
痒みの原因を引き起こします。

痒みを鎮めたいと必死にスキンケアをしようとする方がいますが
逆効果になってしまいます。

化粧水や美容液や乳液は角質層が乱れたアレルギー肌に浸透しやす
くかえって刺激が大きくなる可能性があるからです。
少しでも染みたり赤く腫れたりなどした場合は使用を控えた方が良いです。

アレルギー肌の正しいスキンケア方法

アレルギー肌の正しいスキンケア方法は液状のものではなく粘度の高いワセリンがおすすめです。
化粧水をして美容液を塗って更にクリームを塗るっていう
女子力の高い皆さんの一連の行動は
この際アレルギーが出ている時はやめて
ワセリンだけを塗ってみて下さい。

肌に吸収されにくく刺激も少なく保湿効果がすぐれているため痒みも軽減します
。肌トラブルもおさまっていきます。

私の知り合いに倉庫作業で手と肌が荒れている方がいましたが
ワセリンを塗ることにより手も肌もツルツルになっていました。
変に頑張りすぎない方がいいなんてなんか変な気がしますが
一番理にかなった方法といえます。

肌の調子が整うまではワセリンで様子をみてくださいね。


アレルギーがおさまってからのお手入れは徐々に敏感肌専用化粧品に切り替えて大丈夫です。
肌が安定してきたらセラミド配合化粧品などで角質層のセラミドを補うようにしましょう。


スポンサーリンク

アレルギー肌のメイク方法

アレルギー肌の方で痒くなるのでメイクは一切しません!
という人がいらっしゃると思いますがほこりや細菌・花粉など痒みの原因となるものは空中に無数にあります。

付着を防ぐにはメイクをする方が痒みなどに逆に効果的といえます。
少しでも痒み軽減をするにはリキッドファンデーションより

パウダーファンデーションがおすすめです。

微細なほこりや花粉などは液体に張り付きやすい性質があるため
リキッドファンデーションは避けましょう。

それでもファンデーションは嫌だなという方は
何も肌に塗らないよりも粉パウダーをを日焼け止めの後に少しでもはたいて
ほこりや花粉からお肌を守ることをお勧めします。

メイク後はクレンジングでやさしく落としてワセリンなどで保湿をして下さいね。

まとめ

健康な肌の方も季節の変わり目で敏感肌になったりすることがあります。最初は変化に気づかず今まで通りのお手入れ方法を
してしまいますが痒みや赤味や極度の乾燥などの症状が出た時はお手入れ方法をワセリンに切り替えることをお勧めします。
薬局などで数百円で買うことができます。小さなお子様にも安心して使用できるのでアレルギー対策として肌あれ予防としてなど保湿にお役立てください。

スポンサーリンク

-健康
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

足のにおいが気になる時ににおいを抑える方法と下駄箱と靴のにおい予防

流行の靴や綺麗なハイヒールを履いて イッケン足元美人でも靴を脱いだ時に 足の嫌な匂いがしたら一気に イメージが台無しです。 足のにおいがこもるブーツを 履くときは特に気を付けたいですね。 足のにおいの …

美しい顔のカギはバランスです!バランスの良い美顔と身体になる方法とは?

自分の顔にコンプレックスってありますか? 左右の目の大きさが違う。えらが張っている。輪郭が歪んできたような… などそれぞれ悩みが違うけど自分の顔がなんか気になってしまう 事ってあります。 そもそも生ま …

肌荒れの原因はもしかしていつものスキンケアが原因かも?正しい方法で解決したい!

メイクを落とす目的のものがクレンジングですが スキンケアの中では最も肌に負担が かかるものといえます。 何気なく毎日使用するクレンジング ですが肌の荒れないクレンジング方法と クレンジングの選びかたに …

子供の花粉症症状を和らげる!つらい症状のときにすぐにできる正しい応急処置とは?

近年のスギ花粉の飛散量の増大は植林事業が昭和20年ごろから 盛んに行われてきました。 スギ花粉は樹齢30年頃から大量の花粉をつけその状態が 何十年も続くといわれています。 これからも増え続ける花粉症で …

外反母趾の原因と足が痛い時のテーピング方法とは?

外反母趾で悩まれている若い女性の方が年々増加しています。 オフィスで長時間靴を履いていたりファッションでハイヒールをはいたりなど日常的に原因が隠れています。 スニーカーを履いていてもなぜか足に違和感が …